Excelの「既定のフォント」を変える方法

Excelの画面
Excelの画面

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
今回は、Excelで既定のフォント(最初に設定されているフォント)を変更する方法について書きます。

「既定のフォント」はExcelのオプションで変更する

現在のExcelの既定フォントは「游ゴシック」です。
2013バージョンまでは「MSP ゴシック」でしたが、2016バージョンから游ゴシックになっています。
游ゴシックはなめらかさを感じる書体ですが、MSP ゴシックと比べると薄く感じます。
2013バージョン以前からExcelを使っている人は、MSP ゴシックの方が見やすいと思う方が多いようです。

Excelのファイルを新規作成した際、既定のフォントをMSP ゴシックにしたいなら、Excelのオプションで変更できます。
Excelの画面左上にある[ファイル]タブをクリックすると、印刷などの設定ができる「Backstageビュー」の画面に切り替わります。
Backstageビュー左側のメニューの一番下にある[オプション]をクリックします。
クリックすると、[Excelのオプション]が表示されます。

Excelのオプション
Excelのオプション

[Excelのオプション]の全般の設定画面が表示されたら、真ん中あたりにある「次を既定フォントとして使用」でフォントを変更します。
フォントの変更ができたら、OKボタンをクリックして[Excelのオプション]を閉じます。
Excelを再起動しないと既定フォントは反映しないので、最後にExcelを再起動。
これで既定フォントの設定が完了です。

Excelの既定フォントを変更したいときは、[Excelのオプション]から設定します。