Excelで「001」を入力する方法

セルに「001」と入力されたExcelの画面
セルに「001」と入力されたExcelの画面

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
今回は、Excelで「001」のように前に0が入った数字を入力する方法について書きます。

「001」を入力するには表示形式を設定する

Excelで「001」のようなコード番号を入力したい場合。
普通に001と入力しても、[Enter]キーを押して入力を確定した瞬間に「1」に変更されます。
では、どうすれば「001」のような数字を入力できるのでしょうか。
方法は2つあります。

1つは001の前に’(シングルクォーテーション)を入力する方法。
「’001」と入力すれば、入力を確定しても「001」のままになります。
この方法では、入力されたデータは「文字列」の扱いになります。
また、エラーインジケータ(セル左上に出てくるの三角形)が表示されます。

もう1つの方法は、表示形式を設定するもの。
001を入力したいセルを選択したら、セルの書式設定を呼び出します。
セルの書式設定は[Ctrl]+[1]のショートカットキーで表示できます。
セルの書式設定内の表示形式タブで設定を行います。
分類は「ユーザー定義」を選択して、種類は「G/標準」の文字を消して「000」と入力。
これで設定は完了です。
あとは、表示形式を設定したセルに「001」と入力するだけ。

セルの書式設定の画面
セルの書式設定の画面

コード番号を同じ列や同じ行のセルに入力したいときは、この方法が便利です。
今回は3桁表示で説明しましたが、5桁にしたいときはユーザー定義を「00000」と設定すればOKです。