デスクトップ画面は常にスッキリとしておこう

私のデスクトップ
私のデスクトップ

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
今回は、デスクトップ画面をスッキリしておくと作業がはかどるという話。

デスクトップ画面にはごみ箱以外は何も置かない

デスクトップは「机の上」という意味です。
パソコンにおいてデスクトップ画面は机の上を見たてたものになります。

このデスクトップ画面にファイルやフォルダを置いたままにしていませんか?
1つや2つくらいなら問題はありません。
しかし、10個以上置いたままにしておくと、作業効率が悪くなります。

リアルな机の上にモノを置きすぎると、探すときに一苦労です。
また、次の作業を行うときに、作業スペースを確保するという無駄作業が発生します。
これはパソコンのデスクトップ画面でも同じこと。

デスクトップ画面にファイルなどを置きすぎると、使いたいファイルを探すのに無駄な時間を使います。
また、ファイルなどがデスクトップ画面にたまっているパソコンは、起動が遅くなってしまいます。
作業効率を良くしたいなら、デスクトップ画面は極力スッキリした方が良いのです。

私はデスクトップ画面にはごみ箱以外置かないようにしています。
作業のファイルやフォルダは保存場所をあらかじめ決めておき、その決めた場所に保存します。
フォルダを活用して整理すると、さらに作業効率が良くなります。

デスクトップ画面をスッキリしておくと、作業がはかどります。
デスクトップ画面を整理してみませんか。