模擬試験を受ける3つのメリット【行政書士試験一発合格の秘訣】

schoolchild solving elementary science test
Photo by Jessica Lewis Creative on Pexels.com

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
今回は、行政書士試験の勉強において模擬試験の受験は大切ですよ、という話。

模擬試験には3つのメリットがある

大手資格学校では、行政書士試験の全国公開模試を実施しています。
この全国公開模試は受けておいた方がいいです。

全国公開模試を受けるメリットは3つあります。
1つめは、本番の試験に近い状況を体感できること。
2つめは、現時点の実力が客観的に把握できること。
3つめは、本番に向けて学習計画の変更が見えてくることです。

1つめのメリットである、本番の試験に近い状況をを体感できること。
試験本番で実力を存分に発揮できるようになるのに、手っ取り早いのは模試を受けることです。
模試で場数を踏み、試験の雰囲気に慣れることで、本番でも平常心でいることができます。

通信教育の場合は、模試を自宅で受験できるものもあります。
しかし、本番対策を考えると、模試会場で受けたほうがいいですね。

全国公開模試は、夏頃に中間模試、10月(本番1ヵ月前)に最終模試と、2回行われます。
2回とも受けることをオススメいたします。

2つめのメリットである、現時点の実力が客観的に把握できること。
自分の実力が客観的に把握できることは、とても大事です。
独学だけで自分の実力を客観的に見るのは難しいでしょう。

全国公開模試は、受験後にコンピュータ分析による成績表が送られます。
これにより、自分の実力や合格可能性のレベルを把握できます。
学校によっては、記述式問題の添削も行うところがあります。

3つめのメリットである、本番に向けて学習計画の変更が見えてくること。
受験後に送付される成績表は、1問ごとの正解率が掲載されています。
1問ごとの正解率では、模試受験者全体の正解率が出てきます。
これにより、自分の弱点部分をより具体的に把握することができます。

模試の成績表があることで、弱点を補強する学習計画の変更がしやすくなります。
私が受験したときも、模試の成績表を元に、学習計画の変更を行いました。
これにより、一発合格ができたと思っています。

行政書士試験に合格したいなら、全国公開模試の受験は欠かせません。
どの全国公開模試を受験するかを考える際は、「試験会場での受験」「受験後に送付される成績表」をポイントに選んでください。