無理な学習計画を立てない【行政書士試験一発合格の秘訣】

pen calendar to do checklist
Photo by Breakingpic on Pexels.com

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
今回は、試験勉強をするときの学習計画について書きます。

無理な学習計画は挫折のもと

行政書士試験の勉強期間は、最低でも1年くらい必要になります。
約1年間と長い期間にわたって勉強するとなると、綿密な学習計画を立てる方が多いのではないでしょうか。

学習計画を立てる場合、気をつけるべきことがあります。
それは「綿密な計画を立てないこと」です。

小学生のころの夏休みを思い出してください。
夏休みに入るときに、期間中の勉強スケジュールを考えたと思います。
そのスケジュール、実行できましたか?
実行できなかった方が多いのではないかと思います。

学習計画を立てるときに、犯しやすいミス。
それは「学習計画に”自分の理想”をおりこんでしまう」こと。

計画を立てるとき、私たちは「こうしたい」という理想を元に考えてしまいます。
その結果できあがた計画は、どう見ても達成不可能なものになります。
当然、それを実行すると途中で挫折することに…。

このことはマンガ「ドラゴン桜」第8巻で学びました。

ドラゴン桜(8) (モーニングコミックス) Kindle版posted with カエレバAmazon.co.jpで詳細を見る

では、どう計画すれば良いのか。
「具体的な長期計画を立てず、その変わりに一日のノルマを立てる」ことが重要です。
これも「ドラゴン桜」第8巻に描かれています。

私の場合、まず試験本番までの大まかな流れを決めました。
最初に一般常識、その次に憲法、そして民法といった具合です。

具体的な長期計画を立てないとはいえ、行き当たりばったりだと学んだことが身につかないので、大まかな流れだけは考えておきます。

その大まかな流れを元に、一日のノルマを決めていきます。
今日は憲法の過去問題20問を解く、といった具合に。

一日のノルマを設定する場合も、「理想の姿」をおりこむと無理なノルマになってしまうので注意が必要です。
一日のノルマの設定については、別の機会に書きます。

綿密な計画は「理想の姿」をおりこんだものになりやすい。
「理想の姿」とは、えてしてハードルが高すぎるものになります。
そんなハードルが高すぎる計画を実行した結果、ついていけずに挫折するといった危険性があります。

具体的な長期計画を立てず、その変わりに一日のノルマを立てることで、無理のない学習の流れを作りましょう。