イメージトレーニングを行う!【行政書士試験一発合格の秘訣】

man wearing grey shirt standing on elevated surface
Photo by Julian Jagtenberg on Pexels.com

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
今回は、試験勉強をするときイメージトレーニングが大事であることについて書きます。

合格した自分を常にイメージする

私が行政書士試験を受験するにあたり、イメージトレーニングを行いしました。
合格したときと、合格へ至る道のりをイメージする練習をしたのです。

「人はイメージできるものにしかなれない」
これは自己啓発本や自己啓発セミナーで、よく出てくる言葉ですね。
この話を受験に使えると思い、やってみたのです。

このイメージトレーニングの目的は2つ。
1つは「自信を身につける」こと、そしてもう1つは「覚悟を決める」ことでした。
そして、実際に一発合格したことで目的を達することが出来ました。

特に「覚悟を決める」ことにおいて、イメージトレーニングは役立ったと思っています。
行政書士試験は約1年間の勉強期間が必要です。

長い勉強期間には心理状態がブレることがよくあります。
調子が出ない、模試の結果が良くない…。

ここで挫折しそうというところでイメージトレーニングを行い、自分の覚悟を思い返す。
そうすることで自分を奮い立たせてきました。

行政書士試験に限らず、勉強期間が長いものに関してはイメージトレーニングが役立つと思います。
合格する瞬間と合格への過程を強くイメージしてみてください。
そのイメージが自分の覚悟になるのです。