本を読み終えたら「ふりかえり」をしよう!

black pencil on white paper
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
今回は本を読み終えたらふり返る時間を作ろうという話です。

読んだ本の「ふり返り」を行う意義

本を読み終えた後、必ず行うことがあります。
それは、読み終えた本についてSNSで投稿すること。
私は、twitterやFacebook、instagramに読み終えた本の投稿をしています。

以前は「読み終えました」という報告だけの投稿でした。
現在は、本の内容を一言で表したり、本を読んでの感想や読書メモなどを書いたりしています。
twitterの場合は文字数の関係上(twitterの投稿は文字数140文字以内)、簡単に書いています。
Facebookやinstagramの場合は文字数を気にしなくていいので、なるべく文章量を多く書くようにしています。

なぜ、読み終えた本についてSNSに投稿してするのか。
それは、読んだ本をふりかえることができるからです。

1回の読書で本の内容を100%覚える必要はありません。
でも、せっかく読んだ本のことを何一つ覚えていないのもどうかと思います。
読んだ本を活かす方法の1つに「ふりかえり」があります。
読み終えた本をふりかえる時間を作ることで、読んだ本のことを自分の中に落としこむことができます。

本を読み終えたら、それで終わりにしないでください。
ぜひ、読んだ本についてふりかえる時間を作ってみてください。
そして、ふりかえったことについてSNSやブログに投稿してみてはいかがでしょうか。
きっと、読んだ本が自分の中に活きてくるようになります。