現実と乖離した「盛りすぎ」投稿は疲れるだけ

こんにちは。「声もいい男」研修講師・野見山ともたかです。
個人でSNSを使ったビジネス活用をしている方で、「これは相当盛っているのでは?」と思われる投稿をたまに見つけます。
今回は「SNSで盛りすぎの投稿を続けると心身ともに疲れてくるよ」というお話です。

現実と乖離した「盛りすぎ」投稿はやめた方がいい

パーソナルブランディングという言葉があります。
パーソナルブランディングとは、ドラッカーの言葉を借りるなら「何によって憶えられたいか」ということです。
自分はどんな人間に見られたいのか。
どういう人間として知ってもらいたいのか。
こういったことを意識して自己アピールを行うのがパーソナルブランディングです。

自分はこういった人間であるということを伝える手段の一つとして、ブログやSNSがあります。
実際、ブログやSNSを使ってパーソナルブランディングをしている人はかなり多いと思います(私もそうです)。

ただ、パーソナルブランディングを行う場合、現実と乖離した「盛りすぎ」はやめた方がいいです。

派手に活動しているように見せるために、普段は行かない高額のパーティに出席する。
普段は行かないリゾート地に行って、あたかもリゾート地でリフレッシュしているように見せる。
ネットにある写真を集めて、あたかもパーティやリゾート地に行っているように見せかける。
最後は盛りすぎじゃなくて、ウソになっていますね。

自分がなりたい人間に見せかけるように、偽りのブランディングを続けていくのは心身とも疲労します。
この偽りブランディングを続けていくと、成功する前に心身ともダウンしてしまうでしょう。
心身だけでなく、ブランディングのために借金をしていた場合は経済的な負担も大きくなります。

見栄をはることは決して悪いことではありません。
自分をよく見せるようにすることで、向上心の表れのひとつだと思います。
でも、見栄もはりすぎると自分の身を滅ぼす危険性が高くなります。

パーソナルブランディングを実践するとき、等身大の姿を見せるようにした方がいいでしょう。
その方が心身とも気楽に行動することができますし、相手も好印象を持ちます。

盛りすぎのあなたはぜんぜん素敵じゃない。
等身大のあなたが一番素敵なんです。