なぜ、「声もいい男」を名乗るのか

現在使っているキャッチフレーズ「声もいい男」
以前は「声だけはいい男」というキャッチフレーズを使っていましたが、2015年から「声もいい男」に変えています。

「声だけはいい男」が生まれた経緯

これは高校生のときに経験したことがきっかけです。

高校2年か3年のころ。
当時好きだった女の子の家へ電話をかけることになりました。

私が高校生のころとは、25年くらい前のこと。
そのころは携帯電話なんて存在しません。ポケベルが一般に普及するはるか前です。

「お父さんが電話にでたらどうしようか」という重圧が、ダイヤルを回す私に重くのしかかります。
お父さんが出たときのシミュレーションを頭の中で描きつつ、つながるのを待ちます。

「もしもし」

電話がつながった瞬間、私はかしこまった声で「もしもし、○○さんのお宅でしょうか」と言いました。
完全によそ行き用の声です。
相手の家族が出たときに心象を良くしようという考えから出した声でした。

「野見山くん」と、発する声は女友達本人でした。
続けて彼女はこう言いました。

「今の声いいね。今日はその声でずっとしゃべって」

「え?」ととまどう私に、彼女は次の一言を放ったのです。

「野見山くんは、”声だけはいい男”だよね」

これが「声だけはいい男」が生まれた瞬間です。
当時は、すごく凹んでいました。

それから約20年後、キャッチフレーズとして「声だけはいい男」を率先して使っていきました。

お客さまのアドバイスを受けて「声もいい男」へ

昨年のある日。
あるお客さまからメールで仕事のお問い合わせがありました。
都合により仕事はできなかったのですが、メールのやりとりの中でお客さまからアドバイスをいただいたのです。

「”声だけはいい男”だと、それだけしか取り柄がないように見えますよ。”声もいい男”に変えてみたらいかがですか」

お客さまのアドバイスをきっかけに、現在は「声もいい男」を使っています。

ちなみに、自己紹介で「声だけはいい男」と名乗った頃は笑いがあったのですが、「声もいい男」に変更してからは自己紹介の度に微妙な空気になります・・・。